海外wifiの知識をつけて安全に使用しましょう

このサイトでは、海外でwifiなどをレンタルして使用するときに起こりがちな様々な問題やリスクについて解説しています。
外国に出張に行くときなど、多くの方がWi-Fiルーターを借りるのではないでしょうか。
しかし、外国に持っていくとなると、破損や盗難などのトラブルにあったり、コンセント設備が無く充電が出来ないなどの不安も多くあります。
では、外国でWi-Fiに関するトラブルにあったり、使用出来なくなることを防ぐにはどうすればいいでしょうか。

レンタル海外wifi関係で起こりがちな問題

レンタル海外wifi関係で起こりがちな問題 海外では、日本よりも置き引きや車上荒らしなどの盗難被害にあうことが多いです。
もし盗難されたものが高価なものやレンタルしていたもの、携帯電話やwifiなどの必需品だった場合には大問題です。
ですので、海外に行くときは日本にいるときの何倍も自分の物に気を配りましょう。
持ち物を死角に置かず、自分の前にしっかりと持つ、ポケットに貴重品を入れないなどして、泥棒にスキを見せないようにしましょう。
また、市販されてる盗難防止グッズを利用するのもいいでしょう。
しかし、対策をしても盗難被害にあってしまうこともあります。
万が一盗難にあってしまった場合に保証をしてくれている保険プランもあるので、そのような保証付きのプランを選択するのもよいと思います。

海外wifiレンタル時によくあるミスについて

海外wifiレンタル時によくあるミスについて 海外wifiレンタル時によくあるミスとして、容量無制限でいくらでも高速インターネットが使えると思っていたらそうでもなかったということがあるようです。
レンタル時の説明事項として無制限と言われている場合であっても実際には一定の容量を超えると通信制限がかかることはあるからです。
お店の人にしっかりと確認するようにしましょう。
普通のメールやSNSの利用、ウェブサイトの閲覧くらいであればまず問題になることはありませんが、動画を見るとか、テレビ電話をするといった利用をすると意外なほどあっという間に制限に達することがあります。
これに関連することですが、海外では不必要なインターネット接続というか、データ通信が行われないようにデバイスを設定しておくということも大事なポイントで、このことをうっかりするミスも多いようです。
デバイスの設定でローミングをオフにしておくとか、特に必要なときを除いて基本的には機内モードにしておき通信を制限するといった対策が有効です。
このような設定をしておけば不用意に通信量が増加して制限に達してしまうということも少なくなるでしょう。
ちなみにこれはwifiを利用しない場合であっても有用です。

レンタル海外wifiおすすめリンク

大型バッテリー内蔵の海外Wi-Fiをレンタル