海外wifiの知識をつけて安全に使用しましょう

レンタル海外wifiを落下させてしまったら…

レンタル海外wifiを落下させてしまったら… 海外で旅行を楽しんでいる最中や、出張先で仕事をしている最中にレンタルwifiを落下させてしまった際には、まずは機器の状態を確認してください。
配線が露出してるような状態で電源を入れてしまうと、配線の一部が濡れていると電源がショートする可能性もあります。
機器が物理的に破損しているのであれば、電源を入れるのではなくサポートに電話を入れて、修理を依頼する事が重要です。
もし基盤までショートするほど状態が悪化してしまうと、修理費を利用者が支払う事になりかねませんから、機器の状態に合わせて対処法を変える事を推奨します。
機器が物理的に破損していない状態なら、電源を入れて動作確認をする事で、動作に何も問題がないと分かる事も珍しくありません。
レンタルwifiは頑丈に作られている事が多いので、手元から落下しただけであれば傷も付かない場合もあります。
安全に扱う事が第一だと考えて、手元から落とさないように海外でも大事に持ち歩いてください。

海外旅行でwifiルーターをレンタルする際は外の温度や環境に気をつける

海外旅行でwifiルーターをレンタルする際は外の温度や環境に気をつける wifiルーターは精密機器であり、スマートフォンのように管理には気をつけたい機械です。
高温多湿の環境には弱いです。
海外のリゾート地は、日本に比べて温度が常に高めになります。
炎天下でレンタルしたルーターを長時間使い続けるのは良くありません。
ビーチパラソルの下で使ったり、直射日光を避けられるヤシの木の陰などで利用しましょう。
レンタルルーターを長時間にわたり使い続けると、本体が熱くなる可能性大です。
発熱を感じたら、一旦利用はやめてルーター本体を休ませるのがオススメです。
海外の観光地は外気温が元々高く、真夏日が連日連夜続く地域も少なくはありません。
鞄から取り出して使う必要はなく、スマートフォン等を一度連動させたら後は出来る限り、直射日光や外気温に触れないように、鞄やシャツのポケットに入れて利用するのが良いでしょう。
外の温度が低すぎても、ワイヤレスルータは正常に稼働しません。
外気温が極端に低い海外の土地でも、鞄から取り出すのは避けたいところです。
氷点下や吹雪の環境下では正しく使えませんので防寒対策が必須です。